実家の記念コインが1200円からの1万円アップ!?お得情報!

参考までに、記念硬貨査定における最低価格と最高価格の開きは、概ね五割になると教えられました。すなわち、最低金額で売却したとしたら、かなりマイナスを食らうことになるので留意することが必要です。

一旦記念硬貨査定を頼んだけれど、どうも納得がいかない査定結果となった…等の中で、しぶしぶ記念硬貨買取を進展させるのは、何があってもやらないで下さい。
ここしばらくで「福ちゃん」「スピード買取.jp」を筆頭に、様々な中古記念硬貨買取専門の店が一気に増えました。その理由と言いますのは単純で、記念硬貨売却のニーズがにわかに増えているからだそうです。

記念硬貨買取相場の状況は、わずかずつ動いていますので、一定の期間毎に買取相場を見ておくことで、大事な記念硬貨を手放すのにベストな時期が明白になるはずです。
出張買取をしている事業所も数多くなってきましたから、時間を作るのが難しいという方は利用するといいでしょう。買取価格をご覧いただいて納得できるというなら、即座に買取をお願いするというのも可能です。

■大判・小判 3400円

■10円金貨 20円金貨 100円アップ!

■1円銀貨 100円

■札幌オリンピック記念メダル 金・銀・銅セット

■EXPO’70記念メダル 金・銀・銅

■メープルリーフ金貨 高額買取!

■ウィーン金貨

■外国コイン・メダル (銀製 SV925・SV900など)

■国際連合加盟50周年記念 1000円銀貨 4000円〜6100円

■地方自治1000円銀貨 (京都 Bセット) 4000円〜6100円

■地方自治1000円銀貨 (島根 Bセット) 1400円〜3500円

■地方自治1000円銀貨 (高知 Bセット) 1300円〜7000円

その記念コインは何年のもの?

平成何年に出たものかということも相場に影響を及ぼします。記念硬貨と同じように、最近発売されたものの方が高価格で売りに出されていますが、中古の記念硬貨は、新発売から3年経過している記念硬貨が最も価格が取れると聞きます。
この数年は、インターネットの各種サービスを有効活用して、現在の記念硬貨を売りたい人が欲しい各種データを集めるのが、主流になりつつあるというのが実際のところです。
近くの買い取り店で、しっかりとした考えもなく売却するといった人もいらっしゃるのですが、できるだけ記念硬貨の一括査定などを活用し、完璧にサーベイしてから売る方が賢明です。

売買の目安となる相場は、常に変わり続けます。当然古い古銭は安くなるのは普通の事です。一方で記念硬貨買い取りの時期が違うと、相場は変化を見せるというのも現実に見られるのです。

リサイクルショップに記念硬貨を売るとしても、記念硬貨買取業者での査定額が念頭にあれば、あなたに有利に働く判断基準になると考えられます。加えて、査定金額をアップさせる商談の段階でも有益だと思います。

ぜひお試しください。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


1位


おすすめ記事